スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有機化学の質問に関して

こんばんは

現在深夜3:00です。

日々、体が破滅に向かっている気がしますww

実験のレポート、授業のレポート、そしてサークルのための勉強などなど・・・・

することだらけで更新が遅れてすみません。

「有機化学の範囲を効率よく勉強するには?」という質問を受けたのでお答えします。

これは僕の持論なので、化学系の人は「そんなことあるかっ!!」と思っても大目に見てください。

有機化学はしんどいですよね。

覚えることいっぱいあるし。

一応、今までブログで取り上げている内容が東工大化学攻略のベーシックになると考えているんだけど、それを今日は凝縮してお話します。

有機化学は~反応とかっていろいろあって大変だと思います。

でも、ぶっちゃけ反応がどういう風に進むかがわかればOKだと僕は思ってます。

で、その反応を支配する要素が何かっていうと、

電子立体化学

だと僕は考えています。

電子がいっぱいある原子は電子が少ない原子を攻撃する。もしくは、電子が少ない原子は電子をいっぱいもってる原子を攻撃する。

これが有機化学の反応のすべてな気がします。

だから、どの原子が電子をいっぱい持ちやすいとか電子が少なくなりやすいとかいう電気陰性度が大事になるわけです。

これがわかればなんとなく反応を予測することだってできると思います。

次に、反応を支配するのが立体化学です。これは東工大が大好きなSN1反応とかSN2反応で役立ちます。

どんなに、電子がいっぱいある原子が電子の少ない原子を攻撃しようと思ってもそこに壁があったら
攻撃できないですよね?

だから立体化学によって反応は左右されるわけです。物質の構造式を見たときにこの辺は立体化学てきに攻撃するのは難しそうだなということがわかってくるとかなり良いと思います。

一見、全くつながりがなさそうに見える有機化学の反応ですがそれを支えているベーシックな部分は電子と立体化学だと思います。この二つをもう一度押さえ直してから今まで勉強した反応を見てみてください。

意外とこの二つの要素がからんでいることに気づくと思います。

「このときはこう」という一対一対応で覚えなくてもよくなると思います。

で、このレベルまで来たらこの先の内容はごめんなさい、がんばって覚えましょう!!

良い脱離基の典型的な例などはやっぱり覚えないといけないと思います。

あとは、問題を実際に解いてみる!!それにつきます。

知識をつけるのも大事だけど、その知識をいかに使うかってのを養うのはやはり問題を解くしかないと思うからです。

しんどいと思いますがくじけずに頑張っていきましょう!!

もっとピンポイントでアドバイスほしい人はコメントに書いちゃってくれてOKです。

ではでは

本日も下のボタンをぽちっとおしてください。





おしまい。
スポンサーサイト

化学攻略に向けて(7)

こんばんわ。

今日は実家のある新潟にいる僕です。

成人式実行委員の懇親会参加のためだけに帰省した僕です。

明日、ソッコー東京に帰らねばなりませぬ。

メンドイです

ではでは本日の内容に移りましょう。

本日は有機化学ではない範囲について久しぶりに触れたいと思います。

平成17年以降、出ていなかった結晶に関する問題が久しぶりに去年でました。

そこで、一応対策をたてておきましょう。

まず、結晶に関してです。

これはまずどんな種類があったのか高校の教科書などで確認をしましょう。

次に格子定数などが求められるように練習をしましょう。

どの参考書を使えばいいんですか?って話ですよね。

たぶんアトキンス物理化学に載ってるはずです!!

でも、アトキンス物理化学はなんか難しそうだなぁ・・・・

と思った人はこれを図書館で探してください!!
        ↓
化学I・IIの新研究―理系大学受験化学I・IIの新研究―理系大学受験
(2004/12)
卜部 吉庸

商品詳細を見る


高校生が使うにはもったいないくらいの内容がてんこもりです。

でも一応高校生が使う参考書なのでかなーりわかりやすいです。

この本を使って物理化学の内容を勉強するのもいいと思います。

この本を辞書がわりに使うのも良いと思います。

ちなみにこの本にはもちろん、ファン・デル・ワールス気体の状態方程式についても書いてあった気がします。一応チェックしてみると良いと思います。

今更ですが、東工大以外の大学で受験科目に化学がある人はマクマリーよりこの本の方が良いかもしれないです。

理由は、化学の問題が意外と高校化学っぽいからです。

まぁ何はともあれ皆さん勉強を頑張っていきましょう!!

今日も下のボタンをワンクリックお願いします。       




ではでは

おしまい。

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

化学攻略に向けて(6)

こんばんわ。

マクマリー有機化学を返却期間を過ぎて返したら、遅延した日数分図書館で本が借りれないことが判明

そのため、現在本が借りれない日々を送っている僕であります。

東工大はこういう微妙なところが世知辛いです。

ではでは、マクマリーが手元にない状況ですが、本日のアドバイスに移ります。

本日は前回やったアルケンへのHXの求電子付加反応とMarkovnikov則のおまけみたいな感じです。

前回は、アルケン(-C=C-)への付加反応でしたね。

今回はアルケンでも環状構造のアルケンヘのハロゲンの付加反応について取り上げたいと思います。

過去問をみるとわかると思いますが、去年この範囲は立体化学にからめて出ていたと思いました。

今回やる環状のアルケンへのハロゲンの付加反応と前回の鎖状のアルケンへの決定的な違いは立体化学な制約があるかどうかです。

すごーく昔のsp3混成とかsp2混成を覚えていますか??

アルカンはsp3混成によってできていましたよね?

だからアルカンは自由に回転ができるんです。

つまり鎖状のアルケンにハロゲン(XX)が上から攻撃しようが下から攻撃しようが結局アルカンになると自由に回転するから立体化学的には同じわけです。

ところが、環状のアルケンにハロゲン(XX)が攻撃してシクロアルカンになったらどうでしょう?

回転できると思いますか?

しんどそうですよね?

と、いうことで環状のアルケンにハロゲン(XX)が求電子付加するときは立体化学を少し考えなければならないのです!

でも、そんなに難しくないんです。

ようは、最初のXが二重結合の上から攻撃するか、下から攻撃するかのどっちかしかないわけです。

だから、結果的に一方は上に付加してもう一方は下に付加するわけです(transが必ずできる)。

このような付加の仕方をアンチ付加というわけです。

では、今日のポイントです。

・環状のアルケンにハロゲンが求電子付加反応するときはアンチ付加が起こる。

ではでは

おしまい。

化学攻略に向けて(5)

久しぶりに化学のアドバイスをしたいと思います。

前回は求核試薬と求電子試薬の話をしましたね。

みなさんこの二つはもう大丈夫ですか?

今日はかなり大事です。

毎回、大事大事といってるかもしれませんが、本当に今回は大事です!!

今回は、アルケンへのHXの求電子付加反応Markovnikov則です。

この反応がわかると、東工大の過去問が一部解けるようになります。

マクマリー上巻ではp192~p201です。

おさえどころは、3つあります。

①アルケンへのHXの求電子付加反応は単純にアルケン(-C=C-)にHX(Xはハロゲン)
が付加して、アルカン(-C-C-)になるというものです。

アルケンにHXが反応するとアルカンになるとだけ覚えておけばOKです。

②Markovnikov則
  ・Hはアルキル置換基(-CH3)がより少ない炭素に付く
  ・Xはアルキル置換基がより多い炭素に付く

③なぜXはアルキル置換基がより多い炭素のつくのか?
 これについては、P193の図6・7をよく見ながら、P200をしっかり読むとわかります。

そして、アルキル基(-CH3)が電子を供与する性質であることをこの時点でしっかり覚えておくと、ベンゼンの化学のところで理解を助けてくれます。

5月もそろそろ終わりですね。

東工大の編入学試験まであと3か月くらいとなりました。

この辺から化学もスピードアップしていきましょう。

ではでは

おしまい。

化学攻略に向けて(4)

久しぶりの化学攻略講座です。

まぁコレで攻略できなかったらごめんなさいですね。

とりあえずみんなGWに結構勉強したことでしょう!!

でも東工大の場合は編入試験が遅いから

あんまり早いうちからがんばりすぎると息切れすると思うので気をつけてね~

ではでは、化学攻略第4回は極性反応ですかね。

化学の反応は意外と極性反応が多い気がする。

電子の多いところに電子の足りない原子が攻撃するか

電子の足りないところに電子がたくさんある原子が攻撃するか

この二つに大体なると思うんだよね。

だから極性反応は大事なはずです!!

今日読んでほしいところはマクマリー上巻p146~p156です。

そして、絶対に覚えて欲しい言葉が2つあります。

それは

・求核試薬



・求核試薬

です。

『求核試薬』は読んで字のごとく、核つまり+に帯電したところを攻撃する試薬です。

『求電子試薬』は電子つまり-に帯電したところを攻撃する試薬です。

P149の図5.2とか全部覚えてもいいけど、この先もいろいろ覚えなきゃいけないことが

たくさん出てくるわけですよ。

脳の容量はできるだけあまらせておきたいですよね。

ということで、『電気陰性度』をしっかりと頭に叩き込んでおいてください。

特に、H,C,N,O,Cl,Brについて頭に入れておけばOKだと思います。

この辺から化学の反応機構がかっこよく感じてこれたら完璧です。

楽しく勉強していきましょう♪

なんか質問とかあったらどんどんコメントに書いてくれていいょ。

ではでは

おしまい。
プロフィール

★わっく★

Author:★わっく★
2009年3月長岡高専電子制御工学科卒業
2009年4月東工大生命理工学部生命科学科編入
2011年3月東工大生命理工学部卒業
2011年4月東工大生命理工学研究科分子生命科学専攻修士課程進学
2013年3月東工大生命理工学研究科分子生命科学専攻修士課程修了
修士(理学)取得
2013年4月東工大生命理工学研究科分子生命科学専攻博士課程進学
2014年3月東工大生命理工学研究科分子生命科学専攻博士課程中退予定だった。
2014年4月女子高の生物の先生を目指し、教職課程を履修する予定。

調子に乗りにのっていたとある編入生の人生があれまあれまと転落していく様を報告し、できたら人生を巻き返ししていく様子を報告できたらいいななんて思ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2ブログランキング

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。