スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博士号は取るべきなのか?

こんにちは

実家でゴロゴロしています。

高専生の皆さんはいかがでしょうか?

卒研頑張っていますか?

僕はゴロゴロしながら読書してました。

面白い本を読み終わったので、紹介します。
博士号を取る時に考えること取った後できること―生命科学を学んだ人の人生設計博士号を取る時に考えること取った後できること―生命科学を学んだ人の人生設計
(2009/03)
三浦 有紀子仙石 慎太郎

商品詳細を見る


学部生、大学編入を決めた人や、高専生はどのような人生のビジョンを描いているでしょうか?

ほとんどの人が修士とって就職が多いのではないでしょうか?

僕もそのようなビジョンを持っていた一人です。

でも最近それも微妙だなぁと思うようになってきました。

そんなときに図書館で見つけた本がこれです。

日本の博士と欧米のPh.Dの違い。

修士号と博士号の違い。

博士号取得者の現状。

博士号取得者の多様なキャリアパス。

とても為になる内容でしたね。

オーバードクター、ポスドク余り、博士過程まで行くと就職できないなどなど・・・・

博士号に対して世の中ネガティブなコトばかりですね。

果たしてそれは本当なのか?

まだ、学部3年の僕には全く想像できませんが・・・・・

確かに、良い部分だけをピックアップしているのは間違いない。

しかし、それを踏まえたうえで一読をオススメします。

おしまい。
スポンサーサイト
プロフィール

★わっく★

Author:★わっく★
2009年3月長岡高専電子制御工学科卒業
2009年4月東工大生命理工学部生命科学科編入
2011年3月東工大生命理工学部卒業
2011年4月東工大生命理工学研究科分子生命科学専攻修士課程進学
2013年3月東工大生命理工学研究科分子生命科学専攻修士課程修了
修士(理学)取得
2013年4月東工大生命理工学研究科分子生命科学専攻博士課程進学
2014年3月東工大生命理工学研究科分子生命科学専攻博士課程中退予定だった。
2014年4月女子高の生物の先生を目指し、教職課程を履修する予定。

調子に乗りにのっていたとある編入生の人生があれまあれまと転落していく様を報告し、できたら人生を巻き返ししていく様子を報告できたらいいななんて思ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2ブログランキング

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。